コンビニで買える!やる気を引き出す身近な食べ物!

コンビニで買える!やる気を引き出す身近な食べ物!

私事ですが、ここ半年くらい健康に気を遣いだしまして、家での食事を白米から玄米に切り替えています。

こころなしか体重も落ちてきたような。。。

さて、健康はもちろんですが、勉強を頑張る学生の皆さんにとっては、どうせなら「勉強に役立つ」「集中力を高める」そんな食べ物のことも気になるかと思います。

今日は身近なコンビニでも買える、「勉強に役立つ」「集中力を高める」そんな食べ物を紹介します!

コンビニで買える勉強に役立つ・集中力を高める食べ物

ナッツ・小魚で集中力を高める

200円くらいでおつまみコーナーに売っていますね。

サバ缶で記憶力を高める

集中力や記憶力を高める食材としておすすめなのがサバやイワシなどの青物系の魚です。

中でもコンビニで手軽に購入できる食材としておすすめなのがサバの缶詰です。サバの缶詰には脳に良い効果をもたらすことが期待できるDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれています。

近所のコンビニで150円くらいで売っていると思います。

チョコで息抜きを!

チョコレートには脳のエネルギー源となるブドウ糖のほか、テオブロミンというカフェインの一種が大脳を刺激し脳の血流を増やすことで、集中力や記憶力、思考力を高めると考えられています。

食べて30分程度で効果を発揮するため、即効性を求める人にも◎です。

ただこの記事(『疲れた時の「甘いもの」には理由があった!気を付けたい勉強おやつ』)で紹介したように、甘いものの食べすぎは勉強的にも健康的にもNGです。

炭酸水

炭酸水は血管を拡張させ、血行を促進する効果があります。血行促進には疲労回復の効果もあり、脳にはとても良いことなのです。

炭酸水には炭酸によって眠気を解消する効果もあります。

コーヒーで記憶力・集中力のアップ

眠気覚ましのために勉強のお供はコーヒーという人も多いのではないでしょうか。

コーヒーには眠気覚まし以外にもカフェインによって『記憶力の向上』『集中力のアップ』という効果があることが明らかになっています。

それらの効果が現れるまでに5分、そしてそれらの効果が持続する時間は3〜5時間とされていますので、勉強する少し前にコーヒーを飲んでおくのがいいかもしれませんね。

もちろんカフェインの摂りすぎはNG。飲みすぎには注意しましょう。

紅茶

紅茶にはテアニンというアミノ酸が含まれており、これはカフェインと同じように集中力を高める効果があります。加えてテアニンからはリラックス効果も得られるそう。

また紅茶にもカフェインが含まれており、こちらも記憶力の向上・集中力のアップが期待できます。

テアニンが効果を発揮するには30分~40分かかるそうなので、勉強する30分~40分前にのんでおくのもいいかもしれません。

最後に

いかがだったでしょうか。今回は身近なコンビニでも買える、「勉強に役立つ」「集中力を高める」そんな食べ物を紹介しました。

大前提として食べすぎや飲みすぎにはくれぐれも気を付けて。

食事も勉強の味方にして、成績アップを目指しましょう!

雑学おもしろコラムカテゴリの最新記事